スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひいおじいちゃんの建てた家

2009.05.07 10:11|おでかけ
今、祖父母が暮らしているのは、
元は離れがあったところに、数年前に新しく建てた家。
足が不自由になってしまった祖父のために
バリアフリーで、お風呂もおトイレも広々、
最新の設備がつけられてうらやましいほどなんですが
元々は、大工をしていた曾祖父が建てた、木造の母屋で暮らしていました。
もう築90年近くになります。

今は仏壇も新しい家に移してしまったし、
祖母が漬け物をつけたり、何か作業をする以外には
使われることもなく、半ば物置と化していますが、
祖父も母もここで生まれ育ち、私も子供の頃に
何度も遊びに来た、懐かしい思い出の家です。

こんなところを写真に撮るなんて!!と、
祖母にバレたら怒られそうですが・・・

玄関。天井にツバメの巣を受けるための板がついています。


こっそり天井裏にも登ってみると、ほこりだらけになってはいますが、
りっぱな木の柱と梁が目の前に現れました。
 
曾祖父・祖父・母たちの暮らしをどっしりと支えて来た
歴史を物語るようで、たまらなく愛おしい気持ちで一杯になりました。

 
左:裏庭の祖母の畑から。ねぎ坊主が花盛り! 右:崩れてしまった納屋の土壁。

いつかは取り壊されてしまうのだろうか・・・。
そう思うと寂しくて、残念で仕方がありませんが
子供の頃の思い出とともに、しっかりと心に焼き付けておきたいです。

コメント

おはようございます

Amiさん
本部の昔のお家だったら、改装して
週末別荘とかAmiさんCafeにすればいいのに?!!

内地からの移住者に貸すとか、
利用価値は色々ありそうですね。
(あ、何か夢の無い話し・・・すみません・・・)

昔ながらの風景がどんどんなくなって行くのは
寂しいですよね。

Unknown

私の実家も車椅子の祖母の為にバリヤフリーで建てています。祖母の住んでいた本部の家はまだそのままで、今のところ取り壊す予定は無いのですが、どうなるかもまだです。

父方の実家も今は新しい家ですが、私は前の家のが好きでした。母屋と離れとがあって、少し沖縄らしくない家ではありましたが、火鉢もあって、部屋割りなんかもステキだったのになぁって子供ながらに思いました(建て直したのが私が小学生の頃)
えみさんの気持ちがよく分かります!

こんばんわ。

ゆうなさん

週末農業、素敵ですね(^^)
古いお家は手入れさえきちんとすれば
何百年も持つそうなので、
出来れば残してほしいけど・・・

母の兄弟たちは近隣県に住んでいて、
時間があれば戻っているそうで
「将来はここを別荘にしよう!」なんて
夢を語っているそうですが。


Unknown

素敵な母屋ですね。
私も久しぶりに田舎に行きたくなりました。。

昔の立派な柱や梁、取り壊されてしまうのはもったいないし
やっぱり寂しいですよね。
私の祖父母の家も、傷んでないところは活かして
リフォームできたら、なんて。
世話できる人がいなくてほうっておかれてる畑も
いつか週末農業でもできたら、なんて思っています♪
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
すみれ堂へようこそ

*遊びに来て下さってありがとうございます。 ただいまコメント欄は閉じさせていただいています。 *レシピ・写真の無断転載・コピーはご遠慮下さい。

最新記事

プロフィール

えみ@すみれ堂

Author:えみ@すみれ堂
関西の海と山に恵まれた、
とある町で優しい旦那サマと
長男ちび太郎と
3人仲良く暮らしています♪
簡単でヘルシーなお料理と
出来るだけナチュラル&エコライフ
を心がけています。

カテゴリ

月別アーカイブ

Twitter

レシピ検索

リンク

レシピブログ

子育てスタイル

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

お知らせ

☆2011年3月12日以前の記事は旧ブログよりインポートされた際に一部文字化けが 生じています。 旧ブログ http://blog.goo.ne.jp/el_noa_noa1123

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。